人事・労務管理相談

人事・労務管理相談


~ 労働トラブルに巻き込まれる中小企業が急増しています! ~

 経営者、人事担当者のみなさま。以下のようなお悩みはございませんか? 

労務問題は突然起こるが、うまく処理できるか不安だ
これまでは自己流で処理してきたが、問題はなかったのか、話を聞いてもらいたい
従業員からの労務に関する問い合わせへの対応が、法に則しているのか心配だ
社長のトップダウンでトラブル処理することが多く、判断に落ち度がないよう公平な立場からの意見を聞きたい
労働基準監督署、ハローワーク、年金事務所には直接質問しづらい
セミナーなどで勉強しても、実務上の細かいところまではわからないので相談したい
人事労務問題について、そもそも調べるほどの時間がない


 以上のような悩みは、経営者や人事担当者であれば多少なりとも抱えた経験があるかと思います。日常的に発生するような悩ましい問題に対して、気軽に本音で相談できるところがあるだけで、精神的にも随分気が楽になることでしょう。

 就業規則の重要性のところでも触れましたが、昨今の雇用環境は急激に変化しており、従業員の権利意識もこれまでになく高まっています。経営者は今までの意識のままではいられない状況にあるのです。

 人を雇う限り、労務に関する何らかの悩みはおもちではないでしょうか?労務問題はある日突然に起こります。問題がおこってからあわてて相談相手を探すのでは、大変な労力を要します。

 もちろん、日頃からトラブルをおこさないような労務管理対策、そして不運にしてトラブルが起こってしまった場合に、いかにして問題を複雑にさせることなく迅速に対応するかはとても重要なことでしょう。しかし、労務管理は「人」に関する問題である以上、必ずしも教科書通りの対応が通用するとは限りません。幅広い労働関係諸法令の知識を総動員して、個別に対応せざるを得ない局面が多々あるのです。場合によっては、労務トラブルは企業の存続を揺るがしかねない大問題に発展してしまうこともありえます。

 当事務所にお任せいただければ、お客様独自の、複雑かつ難解な人事労務問題も解決に導きます。さらに、解決策の提示のみではなく、必要な実務、手続もサポートまでいたします。

 基本的には、経営者様、人事担当者様が気軽に相談いただけるよう、当事務所では顧問契約をご用意しています。親身に企業の立場を考えて回答致しますので、お気軽にご相談ください。


人事・労務管理相談のご依頼方法

TEL・FAX・Eメールにて直接お申し込みください。
TEL
092-596-2546(平日 09:00~18:00)
FAX
092-596-8047
E-mail
t-office@csf.ne.jp